片思い中の連絡頻度はどれくらいが最適?

好きな相手がいても中々正式に付き合えなくて困っている人がたくさんいますが、正式に付きあえるようにするには、相手との距離を段々と縮めて行く事が成功への近道となります。
恋愛は、お互いの気持ちが同じになった時に初めて始まるものですから、片思いだけでは、何も進められないのです。
どうやったら好きな相手との距離を縮めて行く事が出来るようになるかと考えなければならないのです。
片思いという事であれば、相手と何回も顔を合わせている事が多く、話も何回もしているのが普通です。
一目惚れの場合は別として、身近にいる人の場合が片思いの相手だとしたら、名前や連絡先なども前もって知っている可能性が多く、出来るだけ相手と話をする事が近道となるのです。
現状では、携帯電話やスマートホン、パソコンなどで、実際に話をしなくても言葉のやり取りが簡単に出来て、24時間いつでも相手と接触をする事が出来るので、相手の気持ちをこちらに近づける事は、非常に簡単に行えるようになっています。
しかし相手の事が大好きで、恋愛に発展させたいからといって、ひっきりなしに連絡を取り合うと、相手にとってもしつこい奴と思われてしまい逆に嫌われてしまう事にもなるのです。
片思い中の連絡頻度はどれぐらいにしたら良い結果に結び付けられるかというと、回数で行ってしまえば、1日2回ぐらいで、その時に相手が暇であれば少し話を続ける程度で収めるのが良いのです。
仕事中や睡眠中に連絡を入れてしまって、音が鳴ってしまうと迷惑となりますので、最初は休憩時間の話や寝る時間の話をするようにして、相手の暇にしている時間をある程度、把握しておく事が大切となります。
また、毎日でも同じ時間ピッタリにするのは、マンネリ化してしまい恋愛に発展する事は逆に無くなってしまう事があるので注意が必要となります。
休憩時間内であっても、早く入れてみたり、逆に休憩時間の終わるギリギリに入れてみたり、してみる事も大切です。
自分が忙しくても頑張って話をしたいという気持ちを相手に解らせるように工夫をすると良いのです。
しかし就寝時間ぎりぎりは絶対にしないようにしなくてはならいのです。
疲れ切っている体は、恋愛の事を考えたり、好きになる気持ちにはならないので、時間を考える事が良いのです。
毎日、2回ぐらいの頻度で行っていても、たまには連絡をしない日も作ると、相手が心配してくれるようになり、それをくり返す事により、正式なお付き合いをする事が成功する事が出来る可能性が高まるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です