同棲している間に飽きてしまったら

いずれ結婚しようと思って同棲していたら、だんだん相手に飽きてしまったなんてこともありますよね。
「なんかよくわからないけれど、飽きた」という曖昧な状態のまま同棲を続けていると、そのうちに相手のやることなすこと全て気に入らなくなってしまう可能性があります。
恋愛って難しいですよね。
こんな時には、恋愛の倦怠期を乗り越えるための工夫をしてみましょう。
もしかしたら最近、着る服が適当になっていませんか?メイクも家の中では適当、もしくはしないなんてことになっていませんか?
もしこういう状態なら、相手もこちらに対して幻滅しているかもしれませんよ。
出会ったばかりの頃は相手に愛してもらうと必死にオシャレに気を使って、恋愛に投資していたかもしれませんね。
でも、だんだん一緒にいるうちに熱が冷めてしまうと、そういうことに投資しなくなっちゃうものです。
もしかしたらそんなところが恋を楽しくなくさせている原因かもしれませんよ。
ちょっと面倒でも、相手の前ではちゃんとオシャレしてみましょう。
お気に入りの服を着て、最高に綺麗に見えるようにメイクして、オシャレしてみましょう。
そうすると、相手も「おっ、なんかいつもと違うな」と感じて気合を入れてくれるかもしれません。
そういうこともしたくない、もう恋愛が楽しくないというのであれば、いっそのこと終わりにしてしまった方がいいかもしれません。
別に相手が嫌いなわけではない、なんかわからないけれども楽しくない、飽きたというモードであれば、まずはこちらからオシャレをしてその場を盛り上げてみましょう。
夫婦でも長くつき合っていれば、だんだん相手に飽きてくることはあります。
同棲の期間が長くなれば、次第に相手のちょっとした嫌なところも大きく見えてきてしまうものです。
そんな時には自分磨きをまた始めてみましょう。
二人が出会った最初の頃を思い出して、どうしたらあの人が振り向いてくれるのか、喜んでくれるのか、と色々想像してみましょう。
他にも、今まで二人で過ごした時間を振り返ってみてもいいかもしれませんよ。
撮り溜めした写真を見たり、思い出話に花を咲かせたり、以前一度行ったことがある場所に二人で行ってみたりなんていうのもいいですね。
飽きた状態から抜け出すには、何か行動してみないと変わりません。
相手がなんとかしてくれるという相手頼みでは、倦怠モードのスイッチはオフになってくれません。
ちょっと気合を入れてオシャレしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です