同棲生活がマンネリしないためのキーワード「羞恥心」

恋人との恋愛関係が進展していくと同棲するというケースは多くなりますが、一緒に住んでいると何となく生活しているうちにマンネリ化してしまい、恋愛関係が薄れてしまうということはよくあるものです。
なぜ関係が薄れてしまうのかというと、「羞恥心」が欠如するということがあります。

初めのうちは初々しい同棲生活だった二人も一緒に暮らしていくうちに家族や同士のようになってしまい、パンツのままでうろうろしたりおならをしても平気な顔をするといった無神経とも取れる行動に出てしまうことはよくあります。
一緒に住んでいるうちからこんなに羞恥心が無い恋人は、結婚したらもっとひどくなるかも?といった不安を掻き立てられてしまい恋愛がうまくいかなくなることもありますので、一定の羞恥心は持っておくことが重要です。

例えばおならはしない、しても恥ずかしそうな顔をしたり申し訳ないといった態度をとる、食事のマナーに気を付ける、部屋着はおしゃれに気をつかったものにするなどこの人と結婚したら楽しくやっていけるかも?と相手の想像を掻き立てるようなポイントをおさえるようにしましょう。

羞恥心が無くなってしまうと無神経な態度になりがちですし、どんどんエスカレートして歯止めがきかなくなるとただの同居人になってしまうこともあります。
恋愛関係を長く維持するためには親しき仲にも礼儀ありということを常に心のどこかにとどめておくのがポイントです。

男性も女性も生活をするうえで最低限のマナーを守ることで恋愛関係を長く維持したりマンネリ化を防ぐことにも役立ちます。
時には意外性のある行動に出ることも必要ですが、一般的には相手の期待を裏切らない行動を心がけるのがマンネリ化の防止にもつながります。
同棲をしていると結婚を意識するカップルがほとんどですので、この相手と結婚したらこんなに楽しい毎日が待っている!と思ってもらえるような行動を心がけましょう。

背伸びをすればよいというものではありませんが、悪く言えば相手は他人です。
家族ではありませんので過大な期待をするのも良くないですし、しかし期待をされている立場というのを忘れないようにしましょう。
汚れた下着をそのまま置いておいたりすると、相手に幻滅されてしまうかもしれません。
すぐに洗う時間が無くても隅の方によけて置いたりちょっとした気遣いをするだけで相手は安心するものです。
ぼさぼさ頭やムダ毛をはやし放題というのも幻滅されてしまいますので程よい距離感を保つ工夫をするのがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です