結婚準備ぶっちゃけめんどくさい…まだ結婚すべきではない?

恋愛中のカップルに結婚というワードが登場するのは時間の問題です。

一般的には男性よりも女性のほうが結婚願望が強く、恋愛の延長としてウェディングに憧れを抱いている方も多いようです。

男性がそれほど結婚に積極的になれないのは、女性よりも結婚に対する責任を感じているからでしょう。
結婚を意識し始めるタイミングは人それぞれに違いますが、責任の重大さに一歩立ち止まることにはあまり年齢は関係ないようです。

30代以上の、社会人生活もある程度板についた年ごろの男性であっても、今後自分がしっかりと家庭の大黒柱として家族を守っていけるのかどうかについて考えるとき、すぐさま自分にGOサインを出せる人は少ないでしょう。

これは今後仕事を順調にやっていけるか、という心配や、実際に口に出すことは少ないようですが、奥さんになる女性への信頼感も関わっています。

一方女性はウェディングに憧れる気持ちが強いので、結婚そのものをイベント化して考える傾向があります。
友人のウェディングに参加したり、写真などで見る素敵な光景に、自分もこんなシーンの主役になりたいという願望が強くなることは女性にとっては珍しいことではありません。

結婚後の生活についても、好きな人とずっと一緒にいられるのだからこんな幸せなことはないと、良い現実ばかりが心に浮かぶのです。

男性と女性の結婚に対する意識の違いはあっても、これをクリアしたカップルが結婚に至るのでしょう。
もちろんどんなこともすべてが同じ意見になるはずはないので、どちらかが譲り合うポイントもあるでしょう。

恋愛中は楽しいところどりで、結婚の現実とは少し違うものがあります。
実際に結婚生活をはじめてみるといままでと違うライフサイクルに戸惑ったり、知らなかった相手の嫌な面などに気が付いて幻滅してしまうこともあります。

結婚を決めるまではスムーズでも、結婚準備がめんどくさいと感じてしまうこともあるでしょう。

結婚準備には、ウェディングに関わるものだけでなく、お互いの家族を顔合わせに招待したり、新居や旅行の計画などじつにさまざまな事柄を取り決めて進めていく必要があります。

結婚式を挙げたカップルは、そのほとんどが大変だったという言葉を口にします。
喧嘩も珍しくはありませんが、これによって仲が深まったという良い結果に繋がったカップルもいるでしょう。

結婚準備がめんどくさいと感じてしまうのは、圧倒的に男性が多いですが、だからといって結婚を辞める理由にはなりません。
ふたりで協力しあって達成させれば必ず良い思い出になります。

ただしめんどくさいという言葉の真意が、気乗りしないというものであるならば、まだ時期ではないのかもしれません。
もうしばらく恋愛を続けるべきでしょう。

結婚準備で大喧嘩。仲直りするコツは?

好き合ってお付き合いがスタートし、見事結婚に至るカップルでも、結婚準備の際に喧嘩はつきものです。

どんなに仲良しなカップルでも、または仲の良いカップルほど自分の意見を相手に分かってほしいという気持ちが強いゆえの喧嘩です。

結婚準備はひとこと「大変だった」という感想が先にでる経験者は多いようです。
ひとことに準備といっても、ふたりの間で結婚を決めた瞬間から実に数多くの事柄を選択したり、進めていかなくてはならないからです。

ましてや結婚式を挙げるカップルはさらに準備に時間や手間がかかります。

結婚式場を決めるところから、招待客のリスト作り、内祝いのギフト選びなど細かな作業が膨大におしよせてきます。

お互いが仕事を持つ中で両親の顔合わせを計画したり、ウェディングの準備で毎週末は打合せに出かけるなど、肉体的にも疲労がたまってしまうことは珍しくありません。

結婚式のあとは旅行などで長期お休みを取ることも多いので、準備の段階で仕事を休むという方はごくわずかでしょう。

打合せを繰り返しているうちに、お互いの意見が合わないことは必ず発生します。
ウェディングについては女性のためのものだから彼女の意見を優先させるという男性も多いでしょう。

しかし、恋愛中はかかわりのなかった双方の両親や親戚がからんでくると話は違ってきます。

恋愛中にはふたりだけの世界が中心でうまく進んでいったものが、それぞれに大切な家族の気持ちも優先させたいという思いがあるために起こるトラブルです。

自分は受け入れたくない、取り入れたくないものを相手は拒否するといったケースも多いでしょう。

結婚する相手も大切ですが、家族もやはり譲れない存在なので、お互いにひかずに喧嘩がエスカレートしてしまうこともあります。

恋愛中は仲良くやっていたのに、と落ち込んでしまい、ときには結婚そのものに不安を抱いてしまうことも自然な気持ちの流れだと言えます。

ですが、これは多くのカップルが恋愛から結婚までの道のりに経験している出来事なのです。

結婚そのものに不安になるのもこの時期ならではなので、自分の気持ちを優先してしまいがちですが、相手も同じように不安であること、自分の家族を大切にしてほしいという思いを持っているということをいまいちど確認してみましょう。

仲直りの確率は非常に高く、コツは正直に自分の気持ちを伝えることです。
これまでに意地をはって謝ることができなかった人も、ここが乗り越えるチャンスだと勇気を出してごめんねと伝えてみましょう。

結婚準備の第一歩!嫌がる彼をウェディングフェアに連れていくには

結婚準備をしているときに欠かせないのが結婚式場めぐりですがウェディングフェアに行きたくても彼が嫌がって一緒に行ってくれないという時には結婚式をすることで彼の両親や友人、親戚などが喜ぶという点をアピールしてみるのが良いでしょう。
恋愛関係が成就すると結婚準備としてどこで結婚式を挙げるか、予算や披露宴はどうするのなどを決めるのは女性にとっては人生のうちで何度もあることではないので準備は楽しいものですが、男性はそうでもない人も意外に多いものです。

特に男性は派手な結婚式は苦手、という人も少なくないですし式や披露宴をそれほど重視しない派もいます。
恋愛関係の成就のあかしとして結婚式や披露宴は思い出に残るものにしたい、という女性のテンションとの温度差が埋まらずに恋愛関係が上手くいかなくなっては一大事ですので、彼がウェディングフェアに行きたくなるような流れに持っていくのがポイントです。

先述したように親や友人たちを招待して思い出に残る式を挙げたいというアピールは、自分の両親や友人を大切に思ってもらえているのだなと感じてもらえるポイントになりますし、ウェディングフェアに行ってもらえるだけでなくて好感度もアップしますのでおすすめの方法です。
又、コストパフォーマンスを重視する彼を連れていくにはお得なフェアに参加を促すのがオススメです。
ウェディングフェアに行くとこんな特典がついてくる、この式場で結婚式を挙げるとこんなに豪華でリーズナブルだからちょっと見に行ってみない?といった誘い方であまり重たくならないように誘うのも良いでしょう。

恋愛関係を長く続けているカップルの多くは結婚を意識した付き合いになりますし、彼も結婚を考えているという意思が見えるのであればフェアに行くのを嫌がっていたとしてもそれは照れているだけかもしれません。
又、あまり式にはお金をかけたくないという考えの人もいますので相手の趣向に合わせたフェアに誘ってみるのがポイントです。
派手なことがあまり得意でない彼には規模の大きな式場よりもアットホームな式場がしっくりきますし、その逆もあります。

嫌がる彼をウェディングフェアに誘う時に気を付けたいのが無理強いしないことです。
嫌がっていると思ったらあまり強く押しすぎずにきげんの良い時にもう一度誘ってみるなどタイミングを工夫するのも重要です。
彼が結婚したいと思ってくれるように相手の好みに合いそうなフェアに気軽にデート気分で出かけてみるのがオススメです。

結婚準備疲れで険悪にならないために

結婚直前のカップルというのは幸せいっぱいに見えて、実は別れの危機と隣り合わせと考えられます。
理由として大きいのが結婚準備で、こういったイベントごとはすべきことが多く、疲れが溜まってしまうものです。
人間、恋愛状態にあると少しの無理でも楽しめますが、準備や支度といったものになると不満になってくるもので、つい態度が悪くなってしまうという人も少なくありません。
特に結婚式に関しては女性の方がこだわりが強く、一方で男性はウエディングプランナーに一任してしまうといった場合も多く、こういったところでトラブルが発生します。
女性からすると本気が伝わってこない、自分たちのことなのにいい加減だ、そう見えてしまうかもしれないです。
しかしこれは男女の性格の違いであり、自分ですべてを用意したい女性と、プロに任せてしまう男性の差と考えてください。
まず性別による考え方の違いを理解する、これが大切です。
恋愛だけを楽しんでいた頃は気にならなかったものも、結婚を意識する、共に暮らしていくことを考えると気になってきます。
理由は関係性が深まるからで、喧嘩が増えるというのは対等な意見をぶつけ合うことでもあり、考え方によっては悪いことばかりではありません。
ただフォローが必要となり、自分が悪かった時は素直に謝るようにすると、険悪さがなくなり、愛情が増してくれます。
結婚準備というのは恋愛モードの時と異なり、現実を見つめて行っていく作業です。
結婚式をはじめ、新婚旅行や新居など、この先に必要なるものは多く、対処する必要が出てきます。
結婚式のケーキ入刀を新郎新婦の初仕事と表現しますが、その前段階でカップルとしての終わり、夫婦としての始まりがスタートします。
この時に疲れて攻撃的になると険悪になりがちですので、気持ちをリラックスさせるのも大切です。
夫婦としての新たなスタートは恋愛の終わりではなく、別の形としての始まりになります。
互いに遠慮がなくなる関係ですが、大切なのは思いやりを持つことで、労わる、悪いところがあれば謝るといった当たり前のことを行えば険悪にならずに済むはずです。
夫婦だから許されることも多くありますが、相手に対して思いやりを持つのは最も大切なポイントになります。
相手に対して確かな愛情を持ち、伝えることができれば、結婚準備などの忙しさで疲れた時でも険悪にならずに済みます。
恋愛をしていた時の気持ちを持ち続ければ、トラブルになることが少なくなります。

婚活の参加費で質は変わる

恋愛と結婚は別物だという意見は一定数あり、聞いてみると思わず納得してしまう、そういったこともあるはずです。
恋人同士の恋愛の場合、男女のどちらも大きなリスクを背負わずに済んで、楽しみだけに集中していればいいのであまり問題が起こりません。
価値観が多少異なっていても、収入に差があっても気になりませんが、結婚するとなると話は別です。
一緒に暮らせばアラも見えてきますし、何よりも収入は大きな問題となります。
子供を望めば一時的に女性側が産休をとらなければいけなく、その間の生活、収入に関して気になるのは当然です。
それゆえ恋愛感情はあっても収入が不確かな相手とは結婚できない女性は多いですし、男性側も恋人なら家事ができない、料理が下手でも問題ないですが、妻として求める時には気にしてしまいます。
それゆえ最近は婚活に力を入れるケースが多く、恋愛と結婚相手の条件を同時に求めようと、合理的に考える人が増えているのです。
そしてここで気を付けたい点として、お見合いパーティーや合コンにはそれぞれ参加費がかかりますが、この費用が大きなポイントになります。
何事もそうですが、金額によって集まってくる男女の質にも差が出てくるので、より良い相手を探すためにはある程度の参加費を支払う必要が出てくるのです。
婚活に求めるのは男女どちらもエゴにちかい理想を抱いており、条件の中には性格や外見、経済状態などもあって、分かりやすいラインとして費用面が出てきます。
収入が良ければ婚活にかける費用も価格を気にすることなく、そういった部分から区別は行われているのです。
条件の良い相手と巡り会うためにはある程度の出費が必要となってきて、ある意味ではその金額を高い・安いと判断するところから始まっていると考えられます。
ただ結婚はこれまで赤の他人だった相手と一緒に暮らすことになり、価値観は重要なポイントになります。
趣味や好みはそれぞれに合わせることができますが、長い年月の間に培われていった価値観を合わせるのは難しいです。
そして価値観というのは金銭状態に左右されるものなので、婚活する際に納得できる参加費を見極めることで、自分と同等のレベルが集まっている、またはそれよりも上か下といったことが分かります。
結婚相手に求める内容、条件は人それぞれで、幸せは自分自身が決めるものです。
それだけにしっかりと相手を見極めて選んでいくこと、これが大切になってきます。

婚活パーティーは一人で参加すべき?

婚活パーティーは気軽に結婚相手を探せる手段として、多くの人が利用しています。
お見合いや結婚相談所を利用するよりも自由な雰囲気で、結婚の前に恋愛を楽しみたいという人に人気があります。
ただ初めて参加する人にとっては、何となく気恥ずかしい、初対面の人ばかりで心細い等といった理由から、友達を誘って参加する人も少なくありません。
もちろん友達同士で参加する事で、お互いに情報交換出来るなどメリットもありますが、一人で参加した方が良い出会いに巡り合える可能性が高いです。
そもそも恋愛も結婚も自分の意志で動いていくものです。
自分が「この人と恋愛をしたいな」と感じた場合、友達に止めておくように言われても、自分の感情は抑えられるものではありません。
それは結婚も同じで、自分が満足出来る結婚生活を送れれば、他人にとやかく言われる必要もないのです。
婚活パーティーは初対面の人達ばかりの中に飛び込んでいくので、誰もが緊張するものです。
知り合いと参加していれば心強く感じますが、その感情も最初だけです。
オーソドックスな婚活パーティーのスタイルとしては、最初に1対1の自己紹介の時間が設けられ、その後フリータイム、カップル発表となります。
自己紹介の時間は目の目にいる相手に集中してどんな人が来ているのかチェックしなければいけません。
また、そこで意中の相手がいれば、フリータイムには積極的に話しかけていかなければ自分のアピールが出来ません。
そんな時に一緒に参加している人がいると、その人の状況も気になったり、また自分が気になる相手に対して意見を言われる事で、自分の選択に迷いが生じてしまう事もあります。
また友達同士で固まっていると、相手側からも声をかけ辛い状況になります。
自分の意中の相手と実は両想いだった場合、フリータイムでは相手から話しかけてくれようとしていたものの、友達と一緒にいる事で話しかけ辛くなり、他の人に流れてしまうケースもあります。
フリータイムで友達から「一緒にいて」と言われると、遠慮してしまって自分のアピールが出来なくなると、婚活パーティーに来た意味がありません。
そういった事を考えても、やはり婚活パーティーは一人で参加するのがベストです。
誰にも遠慮する事なく自分の気持ちが優先出来る事、また一人で参加している方が多くの人と話が出来ます。
恋愛が自分の気持ち次第であるように、婚活においても自分の気持ちを最優先すべきです。
少し勇気を出す事で、今後の未来も変わってくるというものです。

好きな人と両思いになるヒント『共通点』を増やせ!

人と仲良くなるためには、共通の話題があるなど話やすいことが重要になってきます。
恋愛に関してもそれは一緒で、なにかしらの共通点があると仲良くなるチャンスも増えますし、恋愛が成功していくポイントにもなってきます。
例えば最初はなんだか話しやすいなという感覚でもいいのですが、とにかく一緒にいて楽だなという気持ちや楽しいなという気持ちを増やしていくことが大切なわけです。
恋愛関係に持っていくためには、自分だけでなく、相手からもいいなと思ってもらえるようになる必要があります。
そのためにも共通点をどんどんと増やしていけば、それだけ話題も増えますし、相手に興味を持ってもらえることになります。
例えば同じ趣味を持っていれば、その趣味についてたくさん話すことができるでしょう。
話すだけでなく、例えば美味しいものを食べるのが好きだという共通の趣味があれば、一緒に出かけてランチをするといったことも簡単にできるようになります。
何かを集めているのであれば、その集めているものを一緒に出かけて探しに行くといったこともできるわけです。
共通点を増やすということは、一緒にできることを増やしていくということでもあります。
恋愛を成功させるために大切なことは、一緒に何かできることを増やしていくことでもあるわけですから、共通の話題や趣味などいろいろな面からアプローチしていくとよいでしょう。
ただ共通点を増やすことが恋愛を成功させるポイントだといっても、無理に相手に合わせる必要はありません。
もちろん最初は相手に合わせていたことが、自分も好きになれたというのであれば問題ありませんが、共通点を増やすために無理に相手に合わせているといつかは疲れてしまいます。
あくまでも自分と相手にとってお互いが楽しく過ごせることや話題などを見つけていくということが大切です。
最初は、好きなテレビ番組や映画、マンガや小説などが同じだったり、行くも行くコンビニが一緒だったといった小さいことでもいいので、共通の話題を見つけていきましょう。
共通の話題があると人は親近感を持つものです。
親近感があれば心理的にも親しくなりやすいので、ちょっとしてことから共通の話題を増やしていくようにしていくと、親密度もなしていきますから恋愛も成功させることにつながっていきます。
一緒にいて楽しいという気持ち、もっと話したいなと思わせるためにも共通の話題を積極的に探して増やしていきましょう。

恋愛は短期決戦!告白成功率が最も高いタイミングは?

異性との出会いでよい関係に発展するためには、まず告白から始めなければいけません。
順番としては告白をしてから恋愛がスタートし、そこからさらに仲が深まってきます。
ただ、告白をする場合相手に拒否される可能性もあります。
そういった意味ではリスクが大きいとも言えるでしょう。
恋愛に結び付く告白を成功させるためには、しっかりとしたタイミングが必要になります。
この点、どのタイミングで告白をすれば成功するかを時間の問題と考える人もいます。
確かに、だらだらと恋愛に発展する前の関係を長引かせることになれば、結果的に告白は失敗し恋愛になる可能性はなくなるでしょう。
ある程度スピードが重要になりますが、だからと言って早すぎても失敗する可能性は高くなります。
そこでどのようなタイミングで告白をしたらいいかといえば、相手の反応で見極めます。
一律にこの時期がよいといったものはありません。
相手の反応をどのように見極めるかといえば、まずは相手がどれだけ自分に接近してきているかです。
これは、歩いている時や座るときの身体の近さです。
例えば初めて会った時に比べると自分との距離感が近くなっていると感じれば、恋愛に発展する可能性は高いと考えてよいです。
それに対して、自分との距離があまり近づいていないと感じたならば、恋愛に発展する可能性は低いと判断できます。
相手との距離感がはっきりと分からない場合もあります。
中には、感情を表に出さない人もいるからです。
この場合は、探りを入れてみる必要があるでしょう。
例えば、相手に話しかけ、相手の目を意識してみてみましょう。
見つめ合う機会が増えた場合は恋愛に発展する可能性が高いと考えてよいでしょう。
また、付き合ったと仮定して、どのようなところに行きたいとかどういった恋愛がしたいといった内容のことを相手に訊いてみて、反応が薄ければ告白は避けた方がよいかもしれません。
まだ時期が早いのか、それとも可能性がないかのどちらかですが、相手としても可能性がないと思っていれば長く二人だけで会うことは考えにくいです。
であってから3か月以上経過していれば単に告白を待っているだけかもしれません。
一方で、恋愛になった後の話しが具体的であれば告白をしてよいと考えられます。
そのような具体的なサインが出ているにもかかわらず、タイミングを逃してしまうと相手もほかの異性に目移りする可能性があります。
ほんの少しのサインを見逃さないことが大事になります。
このように、タイミングを見計らいながら、相手のサインを見逃さないようにすることが大事です。

成功する駆け引き、失敗する駆け引き

恋愛は、駆け引きにより成功する事もあれば、失敗に終わる事もあります。
相手の気持ちを段々と自分に向けて行く事で、正式にお付き合いが出来るようになります。
男性も女性も片思いから始まり、相手の気持ちを自分に向けて行くようになれれば、時間の経過とともにお付き合いをする事が出来るようになります。
相手との成功する駆け引きは、焦らない事がとても大切です。
好きになってしまって、お付き合いをしたいと思うようになり、早く一緒になりたいが為に、焦って二人っきりで食事に誘ったり、デートに誘う事は、相手から、ただ遊びたいだけという様な思いをされてしまう事にもなりますので、どんなことでも落ち着いて行動をして行く事が良いのです。
まずは、携帯やスマートホンでしつこく思われないほどのやり取りを始める事がとても良い効果を生み出してくれます。
最初からどこかに行くような誘い方などは絶対にしないという事を頭に入れておいて、行ってみたい所の話をするようにして行くのです。
あそこに一回も行った事が無いから行ってみたいけど、というような感じで、何か所か相手に伝えるのです。
その時に大切な事は、相手の好きな物や好きな所を把握しておいて、関連した場所を一緒に入れ込むようにすれば効果的です。
一人だから行けないような事を何回か伝えると、相手も好きな所であれば一緒に行こうか、という事になり、デートを成功させる事が出来るようになるのです。
こうなれば恋愛にも少し近づく事が出来るようになれるのです。
一度でもデートに行く事が出来れば、帰り際にでも今日は楽しかったから、次に行きたい場所があったらまた一緒に行きたい事を少し甘ええる程度に伝えておけば、相手の気持ちにも変化が生まれるようになる事が多いのです。
楽しかったや、一緒に居て落ち着いたなど、相手といて心地よい時間を過ごせた事を伝える事はとても大切になります。
これは実際に言葉で相手に話す事で、効果を増します。
帰った後に携帯やスマートホンで、文字による伝え方だと効果が薄まるというより、まったく効果が無いので、顔を実際に見て伝える事がとても良いのです。
恋愛は相手の気持ちを楽しくさせる事で、一緒にいると楽しいと思わせる事でとても良い効果を出す事が出来るようになれるのです。
失敗する駆け引きは、相手の事を思っているつもりでいても、実際には自分勝手になっている事が多く、自分の良い所を相手に伝えすぎという事が上げられます。
相手から好きになって欲しいという考えが強すぎる駆け引きを行ってしまうと恋愛失敗になってしまうのです。

片思い中の連絡頻度はどれくらいが最適?

好きな相手がいても中々正式に付き合えなくて困っている人がたくさんいますが、正式に付きあえるようにするには、相手との距離を段々と縮めて行く事が成功への近道となります。
恋愛は、お互いの気持ちが同じになった時に初めて始まるものですから、片思いだけでは、何も進められないのです。
どうやったら好きな相手との距離を縮めて行く事が出来るようになるかと考えなければならないのです。
片思いという事であれば、相手と何回も顔を合わせている事が多く、話も何回もしているのが普通です。
一目惚れの場合は別として、身近にいる人の場合が片思いの相手だとしたら、名前や連絡先なども前もって知っている可能性が多く、出来るだけ相手と話をする事が近道となるのです。
現状では、携帯電話やスマートホン、パソコンなどで、実際に話をしなくても言葉のやり取りが簡単に出来て、24時間いつでも相手と接触をする事が出来るので、相手の気持ちをこちらに近づける事は、非常に簡単に行えるようになっています。
しかし相手の事が大好きで、恋愛に発展させたいからといって、ひっきりなしに連絡を取り合うと、相手にとってもしつこい奴と思われてしまい逆に嫌われてしまう事にもなるのです。
片思い中の連絡頻度はどれぐらいにしたら良い結果に結び付けられるかというと、回数で行ってしまえば、1日2回ぐらいで、その時に相手が暇であれば少し話を続ける程度で収めるのが良いのです。
仕事中や睡眠中に連絡を入れてしまって、音が鳴ってしまうと迷惑となりますので、最初は休憩時間の話や寝る時間の話をするようにして、相手の暇にしている時間をある程度、把握しておく事が大切となります。
また、毎日でも同じ時間ピッタリにするのは、マンネリ化してしまい恋愛に発展する事は逆に無くなってしまう事があるので注意が必要となります。
休憩時間内であっても、早く入れてみたり、逆に休憩時間の終わるギリギリに入れてみたり、してみる事も大切です。
自分が忙しくても頑張って話をしたいという気持ちを相手に解らせるように工夫をすると良いのです。
しかし就寝時間ぎりぎりは絶対にしないようにしなくてはならいのです。
疲れ切っている体は、恋愛の事を考えたり、好きになる気持ちにはならないので、時間を考える事が良いのです。
毎日、2回ぐらいの頻度で行っていても、たまには連絡をしない日も作ると、相手が心配してくれるようになり、それをくり返す事により、正式なお付き合いをする事が成功する事が出来る可能性が高まるのです。